良い歯科選び5つのポイント~補綴物編~

虫歯の治療をするときに、詰め物(インレー)や被せもの(クラウン)になることで、その種類の選択をすることがあります。その補綴物の種類も今はとても豊富です。ですので、どれが良いものかや、自分の歯に合っているのか、悩みや不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。最近では、歯科用の金属が原因のアレルギーが注目されていて、「審美的に悪い」という見た目だけでなく、「金属アレルギーの危険性」という健康面からも金属を使用することのデメリットが指摘されています。また、再度虫歯になりにくいや、汚れが付きにくいなど、今後の歯の健康面の観点からも補綴物を選んでいただければと思います。また補綴物の知識(メリット・デメリット・費用)を身につけ、良い歯科選びの参考になれればと思います。

補綴物の種類

オールセラミック

セラミックとは陶器と同じ材料です。保険の物(金属)と比べ、・機能性・審美性・耐久性などに優れた歯冠修復材料です。生体親和性(体に馴染みやすい性質)が高く、天然の歯に近い質感で、噛み合わさる歯(天然の歯)のダメージも抑えられます。

[相場]
セラミッククラウン
1本約¥97,000~¥121,000
セラミックインレー
1本約¥35,000~¥57,000

[メリット]
・金属アレルギーの心配が少ない
・自然に近い色でほとんど変色することはない
・セラミック自体が欠損しない限り白い状態を保つことが出来る

[デメリット]
・保険適用外のため費用が高くなる
・陶器のため強度はそれほど強くなく、奥歯には不向き
・割れやすいため、ある程度の厚みが必要になるので、削る量が少し増える

ジルコニアセラミック

外側がセラミック、内側がジルコニア(人工ダイアモンド)を使用している被せものです。セラミックとジルコニアの両方の良さを兼ね揃えているので、見た目が自然で、耐久性や強度に優れています。

[相場]1本約¥86,000~¥130,000
[メリット]
金属アレルギーを起こさない・奥歯や前歯にも使える
[デメリット]
複雑な治療には向いていない

フルジルコニア(ホワイトクラウン)

外側と内側両方にジルコニア(人工ダイアモンド)を使用している。そのため強度がさらに強くなり割れにくい。色のバリエーションが少ないため、審美性(見た目)をあまり求めない奥歯に使用されることが多い。

[相場]1本約¥67,000~¥72,000
[メリット]
奥歯の治療に向いている・割れにくい・変色しにくい・歯ぐきへの着色がない

[デメリット]
素材が硬いため、噛み合う天然歯を傷つけてしまう可能性がある・審美性は劣ってしまう

セラミックボンド・メタルボンドセラミック・メタルセラミッククラウン

内側は金属のフレームで上にセラミックを焼き付けます。内側に金属があることで強度が強いのが特徴です。(オールセラミックより強度が高い)

[相場]
クラウン
1本約¥70,000~¥132,000
インレー
1本約¥72,000~¥92,000

[メリット]
・変色しにくい
・強度に優れているので、どの歯でも使用可能

[デメリット]
・透明感が劣ってしまう
・歯ぐきが着色する可能性がある

e-max

人工物を機械で作成するe-maxという治療です。主成分はニケイ酸リチウムガラスセラミックで、耐久性は高く、透明感があるため、審美性(見た目)もよく前歯に使われることも多いです。

[相場]
クラウン1本約¥59,000~¥100,000
インレー1本約¥40,000~
[メリット]
・歯ぐきへの着色がない
・審美性に優れている(オールセラミックより劣る)
・変色しにくい
・耐久性がある(ジルコニアと比べると劣る)
・柔らかさも兼ね揃えているため、周りの歯を傷つける可能性が低い。

[デメリット]
・まれに割れてしまうことがある
・歯の状態により適応しない場合がある

ハイブリットセラミック

セラミックとレジン(プラスチック)を調合してできた素材で作られたものです。セラミックの「審美性」とレジン(プラスチック)の「柔軟性」を兼ね揃えています。、柔軟性があるので噛み合う歯へのダメージが少なくなります。

[相場]
クラウン1本約¥60,000~
インレー1本約¥25,000~
[メリット]
・審美性がよい
・耐久性がある
・金属アレルギーの心配がない
・歯ぐきへの着色がない

[デメリット]
・強い力に弱く、歯ぎしりをする方にはお勧めできない
・長く使用すると変色の可能性がある。

自費の被せものを入れるならコア(土台)にもこだわりを!

神経のない歯で、被せものを作るためには、補強のための芯となるコア(土台)を作る必要があります。まれに、被せものをセラミックなどを選択したのにも関わらず、コア(土台)部分をメタル(金属)で勝手に治療する所もあります。歯科を信用したいところですが、しっかりと選択する側の知識が必要だと思います。

ファイバーコア(自由診療)

グラスファイバーを使って作成するコア(土台)です。金属を使用せず治療したい患者さんが選択する。歯の質に近い素材で、さらに「しなる性質」を持っています。そのため、強い力が加わった場合でも力を上手く分散させ、歯の根本部分に負担をかけにくくなっています。また、セラミックなどの被せものをしたときに光を通して自然の歯の色に近い仕上がりになります。

[相場]¥14,000程度

メタルコア(保険診療)

金属を使用したコア(土台)は、耐久性・強度に優れていますが、強度があるぶん、噛む力によってまれに歯の根っこを破損してしまうことがあります。また、長く使用すると歯ぐきの変色・アレルギー症状の原因になることもあるので注意が必要です。

[相場]¥630~760(保険適用時)

保険適用の治療

保険治療はあくまでも「最低限の機能回復が出来さえすれば良い」という考えで、安全性の低い安価な金属を使用することが、戦後の経済難でやむなく決まり、そのまま長年使われてきています。金属は、汚れが付きやすく、取れにくいといった材質のデメリットがあり、再度虫歯になるリスクも高まります。金属はその他にも、長年の使用で、歯ぐきが黒ずんでしまったり、アレルギーの心配もあります。

硬質レジン前装冠(前歯・小臼歯)

保険適用の白い歯のことです。硬質レジンと金属で出来ています。長く使用すると、前装部分の変色を起こしたり、金属アレルギーを起こす恐れがあります。力のかかる奥歯では使用するのが難しいため、主に前歯などに使用されることが多いです。

[相場]前歯のクラウン¥5,000~7,000(保険3割の負担)

メタル(銀歯)

保険適用の金属の被せものや詰め物。強度に優れていて、噛む機能に問題はありません。金属で出来ているため審美性はよくなく、金属アレルギーを起こす恐れがあるほか、長く使用すると歯ぐきの色が黒ずみ変色することがあります。

[相場]
クラウン¥3,000~4,000(保険3割の負担)
インレー¥2,000~3,000(保険3割の負担)

保険適用される「CADCAM冠」

現在保険での治療は、歯科用プラスチック・銀・CADCAM冠です。CADCAM冠とは、ハイブリットセラミックを機械で削り作ったものです。(CADCAM冠は被せものの場合のみ)

[特徴]
レジンとセラミックを合わせたハイブリットセラミックという素材が元になっていることから、プラスチックより白く治療跡が目立ちにくくなっています。また、金属アレルギーを引き起こすことはありません。ただし、オールセラミックと比べると、透明感が劣り、長く使用していると変色してしまう可能性もあります。強度も少し弱いです。

[適応場所]上下の小臼歯
[相場]1本約¥8,000(保険3割の負担)

良い治療をしている歯科のポイント

1.拡大鏡を使用している

キレイに形を整えるために、やはり肉眼では限界があります。特に被せものを作る際に重要なのが、歯質と人工の歯の境目になるマージン(縁)をなめらかなに丁寧に仕上げることです。ここがガタガタになると、被せものと歯質の間に隙間が出てしまい、細菌が侵入することで虫歯の原因となります。

2.型取りが丁寧で、こだわっている

型取りを行う際、「歯肉圧排」(歯と歯ぐきの境目に専用の糸を入れる)をすることで、境目の型取りを正確に行うことが出来ます。この作業を、省いている歯科も珍しくはないのですが、歯ぐきの下の型取りなどは本当に困難ですので、歯肉圧排はとても重要です。また、細かな所まで正確に再現ができるように、シリコン印象材を使用していること。型取りは、ピッタリとフィットする被せものを作るためにとても重要な工程です。

3.技工物の精度

技工物(詰め物や被せもの)は、歯科技工士さんが制作します。歯科がどこの技工所に発注をかけるかが決めてですが、こだわりの強い歯科であれば、精度の高い技工所に発注しているはずです。歯科での症例写真などを参考にしてみてください。

4.接着を丁寧に行っている

たとえ良い物が出来上がっても、接着がうまくいかなければ、外れてしまったり、隙間が生じて再度虫歯になったりしてしまいます。セメントやボンドの選択・それらを扱う熟練度が必要です。
きちんと接着の説明などをするところは、自信があると思いますので、安心かもしれません。

5.被せものの場合は一度仮付

色や、つけ心地などは、使用してみなければ分かりません。ですので、すぐに接着せず一度仮付してくれるような、良心的な歯科が良いと思われます。

まとめ

自由診療は、歯科によって価格も、扱っている種類の幅も違います。また、保険診療とは違った技術や知識が必要となるため、数多く臨床経験を積んでいるかが重要になってきます。ですので、せっかく高額で良い物を選択しても、必ずキレイな物が入るといった保証はないのです。お口を開けていると、実際は何をされているかは分からないものです。ですから、選択する側が正しい目を養うことが必要になってくると思っています。

当店ではカウンセリング・歯磨き指導(日常のケアのアドバイス)なども行っております。

ご予約はこちら

兵庫のデンタルエステ「歯みがきサロン Re:lease」

店舗名 歯みがきサロン Re:lease
電話番号 050-5372-8395
営業時間 AM9:00~PM19:00
お問い合わせ こちらのページからご案内いたします。
URL https://salon-release.com/