CMでも良く耳にする知覚過敏とは?

知覚過敏とは??

知覚過敏とは、エナメル質の内側ある「象牙質」が露出してしまうことで発生します。その象牙質には無数の象牙細管という管状のものがあり、歯の中心に向かって伸びています。象牙質がむき出しになってしまうと、外部からの刺激が象牙細管を通じて、歯の内側の神経に伝わり、瞬間的に鋭い痛み、しみる症状を感じるようになります。

知覚過敏の症状

ご自身で知覚過敏のセルフチェックをしてみましょう。

□冷たいものがしみる
□歯ブラシを当てると痛い
□歯ぎしりをしている
□歯ぐきが下がっている
□食いしばりをしている
□風がしみる
□甘いもの、酸っぱいものがしみる

知覚過敏の原因

過度な歯磨き

力強くゴシゴシとブラシを当てることで、歯が削れたり、歯ぐきが退縮し象牙質が露出してしまします。(摩耗)

歯ぎしり

歯ぎしりなどを長時間行っている場合など、かみ合わせの部分がすり減り、象牙質が露出することがあります。さらには、歯ぎしりなどの過度な力は、歯を支える歯槽骨が少なくなり、それに伴い歯ぐきも下がってしまい、象牙質が露出しやすくなります。(歯ぎしりのブログを参考にしてください。)

酸蝕歯

炭酸飲料や酸っぱい食べ物を好んで摂取するような習慣があると、歯の表面のエナメル質が溶け、象牙質が露出しやすくなります。

歯周病

歯周病や歯周病治療により、歯ぐきが退縮して、象牙質が露出しやすくなります。(歯周病のブログを参考にしてください。)

歯の漂白(ホワイトニング)

ホワイトニングによる知覚過敏の症状は一過性です。また症状はホワイトニングの薬剤によっても異なります。(ホワイトニング期間中にしみる症状が強い場合は、通院中の歯科で指示を受けてくださいね。)

虫歯と知覚過敏の違い

1.痛みの感じ方の違い
知覚過敏→一時的
虫歯→慢性的・持続的

2.痛くなる場所の違い
知覚過敏→歯と歯ぐきの境目・根本が露出している部分、特に小臼歯になりやすい。
虫歯→虫歯になりやすい場所(歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目、かみ合わせの溝)は虫歯リスクが高い。

3.歯を叩くいた時の違い
知覚過敏→歯を叩いても痛みはない
虫歯→歯を叩くと響くような痛さを感じる

※こちらはあくまで参考例ですので、痛みが強い場合などは、ご自身で判断するよりも歯科で診断してもらうことをオススメします。

知覚過敏の治療法

知覚過敏の症状はひとそれぞれに違いがありますが、しみる症状を歯科で治療することも可能です。症状や知覚過敏がどのような原因で起こっているかによって治療法や期間も異なります。ぜひ参考にしてみてください。

1.コーティング剤を塗布

露出してしまっている象牙質内部の小さな空隙を、歯と同じような成分の結晶や、空隙を封鎖する材料を塗布します。知覚過敏の症状が軽度から中等度の場合に良く用いられる対処法です。(塗布の回数は症状によってことなります。)

2.歯周病治療

歯周病によって歯ぐきが下がっている場合は、これ以上歯ぐきが下がらないように、しっかりと治療する必要があります。(歯周病治療は進行度合いによって治療期間がかかることがあります。)

3.歯ぎしりの治療

過度な力から歯を守るために、マウスピースの治療があります。(保険適用で3割の方で、約5千円ほどです。)

4.象牙質露出部位を被覆する

接着剤などの樹脂を用いて、象牙質の露出部分を被覆します。歯のすり減りや、凹みのある場所の形態を回復するようにしていく方法です。(歯と同じ色の樹脂を使用して修復します)

5.レーザー治療

露出した象牙質にレーザーを照射することで症状を軽減することがあります。

6.神経を取る

痛みが強く、持続性のあるものに対しては、歯の神経に炎症があることが疑われます。歯の神経をなるべく温存するほうが良いですが、日常の生活に支障をきたしてしまったり、ストレスが大きくなってしまうほどの痛みなどがある場合は、神経を取り除く治療になることがあります。(神経を取る治療は何度か通院が必要です。)

お家で出来る知覚過敏の予防!

歯ぎしりの予防

ストレスを溜めないこと、日中の食いしばりには、歯と歯を離す意識をすること。

正しいブラッシング

何よりも優しく磨くことが大切です。(正しいブラッシングのブログを参考にしてください。)

歯磨き粉を使って痛みや、しみる症状を軽減

研磨剤の入った歯磨き粉は歯の表面を傷つけ、知覚過敏の原因となってしまうため、避けたほうが良いでしょう。シュミテクトの歯磨き粉は知覚過敏のメジャーな商品ですよね。または硝酸カリウムなどの薬用成分の入ったものが、神経を刺激するのを防ぐ効果があります。(歯磨き粉のブログ参照

歯の再石灰化を促進させる

酸による歯へのダメージを軽減させるため、フッ素入りの歯磨き粉の使用も効果的です。(フッ素の効果のブログを参考にしてください。)

まとめ

知覚過敏の放置はあまりお勧めできません。早めの治療や対処ができれば、しみる症状を改善・予防が出来ます。また、歯ぐきが一度退縮して象牙質が露出してしまいますと、なかなか歯ぐきは元には戻りません。今歯ぐきが下がっていない人は、これからもしっかり予防し歯ぐきを健康に保てるようにしてくださいね。下がってしまっている方は、これ以上歯ぐきが下がらないように心がけましょう。

当店では、歯ぐきを引き締める・健康な状態を保つ予防法として、正しい歯磨きの仕方・歯ぐきのマッサージを施術の中に取り入れています。日々のケアでできる予防と、施術を受けて出来る予防を併用することでより効果は高まります。歯ぐきが気になる方や歯磨きをゴシゴシとしている方などは、是非お問い合わせくださいね。

ご予約はこちら

兵庫のデンタルエステ「歯みがきサロン Re:lease」

店舗名 歯みがきサロン Re:lease
電話番号 050-5372-8395
営業時間 AM9:00~PM19:00
お問い合わせ こちらのページからご案内いたします。
URL https://salon-release.com/