歯科衛生士が教える歯磨き粉を選ぶポイント

歯磨き粉はドラックストアやスーパーなどに行くと、たくさん種類があってどれを選んで良いのか悩んでしまいますよね。そんなお悩みが解消できるように、歯磨き粉を選ぶポイントをご紹介したいと思います。毎日のケアで使用する歯磨き粉ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.歯磨き粉を目的(成分)で選択する

自分のお口の中に合った歯磨き粉を選択しましょう。
何を目的にするかで、歯磨き粉の選択は違ってきますので、目的ごとの歯磨き粉をいくつかご紹介していきます。

虫歯予防

虫歯予防には「フッ素配合」がおすすめです。「虫歯菌の抑制」「再石灰化の促進」など、虫歯予防を重要視したい方にはお勧めです。(フッ素の効果参照)

[虫歯予防の歯磨き粉 ]

クリニカアドバンテージ
[特徴]虫歯予防(高濃度フッ素配1450ppm)・歯垢分解除去(デキストラナーゼ酵素配合)・口臭や虫歯予防(ウラロイルサルコシンNa配合)・歯石沈着予防(ポリリン酸ナトリウム配合)

チェックアップスタンダード
[特徴]虫歯予防(高濃度フッ素配1450ppm) ・低研磨・低発泡で歯や歯ぐきに優しい

歯周病予防

歯周病菌を殺菌するような成分が入っているもの。主な成分には「イソプロピルメチルフェノール」「 塩化セチルビリジニウム 」「塩酸クロルヘキシジン」などがありあます。また、「塩化ナトリウム」は歯ぐきの引き締め効果もあり、「β-グリチルレチン酸」「トラネキサム酸 」「イプシロアン-アミノカプロン酸」は歯ぐきの炎症を抑え止血する効果があります。「ポリリン酸ナトリウム」は歯石の付着を予防してくれます。研磨剤(酸化アルミニウム・無水ケイ酸リン酸水素カルシウム) が配合されていないものの方がお勧めです。(歯周病のブログ参照

[ 歯周病の歯磨き粉 ]

システマEX
[特徴]殺菌作用(塩酸クロルヘキシジン配合)・抗炎症作用(イプシロアン-アミノカプロン酸配合)・歯垢を柔らかく落としやすくする柔軟成分新配合

コンクールジェルコートF
[特徴]研磨剤や発泡剤無配合・殺菌作用(塩酸クロルヘキシジン配合)・抗炎症作用( β-グリチルレチン酸配合)・歯石沈着防止(ポリリン酸ナトリウム配合)・虫歯予防(フッ素配合)

GUM(歯周プロケア)
[特徴]歯ぐきを活性化(ビタミンEn・ビタミン6配合)・殺菌作用(塩化セチルビリジニウム配合)・抗炎症作用(トラネキサム酸配合)

口臭予防

口臭予防の成分はラウロイルサルコシン塩・塩化セチルピリジニウムなどがあります。ただし根本的な口臭に対しては効果が少ないため、原因を対処しなくてはなりません。(口臭のブログ参照

[口臭予防の歯磨き粉]

ブレスラボ
[特徴]口臭予防(ラウロイルサルコシン塩・塩化セチルピリジニウム配合)・臭いを吸着(ゼオライト配合)・歯周病予防(β-アミノカプロン酸・グリチルリチン酸ジカリウム配合)

ピュオーラ泡で出てくるハミガキ
[特徴]殺菌作用(塩化セチルビリジニウム配合)・洗浄作用(イソデシルガラクトシド液配合)・抗炎症作用(グリチルリチン酸ジカリウム配合)

NONIO
[特徴]洗浄作用(炭酸水素ナトリウム・ポリリン酸ナトリウム配合)・殺菌成分(ラウロイルサルコシンナトリウム配合)・リフレッシュ作用(清涼感持続性香料配合)

ホワイトニング

ポリリン酸ナトリウムは歯の表面に付着した着色や汚れを落とす効果・再付着の予防効果があります。ハイドロキシアパタイトは歯に近い成分で、着色汚れを付きにくくする効果があります。研磨剤が豊富な歯磨き粉は、歯を傷つけてしまうこともあるので、使用するには注意が必要です。(着色のブログ参照

[ホワイトニングの歯磨き粉]

ブリリアントモア
[特徴]着色(ステイン)を浮かせて落とす(ピロリン酸ナトリウム配合)・虫歯予防(フッ化ナトリウム配合)

知覚過敏対策

硝酸カリウム・乳酸アルミニウム・ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉は歯をコーティングし知覚過敏に効果が期待できます。(知覚過敏ブログ参照

[知覚過敏対策の歯磨き粉]

システマセンシティブ
[特徴]低研磨・低発泡で歯ぐきや歯を傷つけない・知覚過敏予防(硝酸カリウム配合)・虫歯予防(フッ素配合)

シュミテクト
[特徴]知覚過敏予防(硝酸カリウム配合)

2.形状で選択する

皆さんがよく目にするのはペースト状ですが、他にも種類があります。ご自身に合った形状を選択してくださいね。

ペースト状

歯磨き粉の多くはペースト状でできています。発泡剤が含まれているものは泡立ちが良い反面、スッキリした感じがしてしまうので、早くうがいしたくなります。使用量も年齢により違うので、歯ブラシに乗せる際ペーストですと分かりやすいのが良いですね。

ジェル状

泡立ちが少ないのが特徴です。そのため、磨き残しや出血などが分かりやすいのも特徴です。もちろん普通の歯ブラシにも良いですが、電動ブラシなどでもペーストが飛び散らないので向いています。

粉状

昔に多く見られていましたが、今は数が少ないですね。使い方は、水に濡らして使用します。刺激の少ないものが多く、過敏な方でも安心して使用できます。

まとめ

歯磨き粉にはいろんな効果が得られるものが多いですが、あくまでも歯磨きでしっかりと汚れを落とす必要があります。正しいブラッシングと歯磨き粉使用で効果が高まりますので、歯磨き粉に頼り過ぎないでくださいね。

当店では、歯磨き指導も行っております。正しいケアでしっかり予防していきましょうね。

ご予約はこちらから

兵庫のデンタルエステ「歯みがきサロン Re:lease」

店舗名 歯みがきサロン Re:lease
電話番号 050-5372-8395
営業時間 AM9:00~PM19:00
お問い合わせ こちらのページからご案内いたします。
URL https://salon-release.com/