着色予防に知っておきたい5つのこと

着色予防に知っておきたい5つのことを今回はお伝えします。

歯の見た目は気になりますよね。その中でも、歯の色を気にされている方も多いのではないでしょうか?着色(ステイン)自体は悪いものでもないのですが、見た目的に良いものとは言えないですよね。また、着色が付きやすいということは、歯の表面がザラザラしていることが多く、汚れも付きやすい状態です。 今回お伝えする5つのポイントは、「着色のメカニズム~予防や対策」までを記載しています。 着色はしっかりと予防することである程度、未然に防ぐことが出来ますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

着色のメカニズム

歯は本来、歯を守るために「ペリクル」というタンパク質の薄い膜が歯の表面を覆っています。この「ペリクル」の膜に飲食物やタバコのヤニなどが付着して、「黄ばみ」や「くすみ」になります。着色したペリクルが蓄積されると、色が濃くなり歯ブラシでは簡単に落とすことの出来ないものとなります。 (「ペリクル」は、歯磨きなどで落とすことが可能ですが、数分後にはすぐに形成するという性質を持っています。「ペリクル」は酸から歯を守ってくれるという一方で、細菌が付着しやすい・着色をつけてしまうデメリットがあります。)

歯の着色・変色の原因

歯の変色・着色には様々なものがあります。着色と変色の違いを知ることで、アプローチの違いがあるので、ご自身がどれに該当するのかチェックしてみてください。

1.紅茶・緑茶・コーヒー・カレー・赤ワイン(ステイン)
・カフェイン・タンニン・ポリフェノールの含まれる飲食物

2.タバコ(ステイン)
・ニコチンやタール蓄積

3.神経のない歯・神経が死んでしまった歯(外傷や虫歯などが原因)
・象牙質に栄養がいきとどかなくなる

4.歯の磨きすぎ・丁寧に磨かない
・強く磨きすぎることで、歯の表面に傷がつき、着色が入り込みやすい
・歯の汚れ(細菌)は着色の原因

5.抗生物質
・テトラサイクリン系の薬剤は、歯や体の硬組織に対して影響を及ぼす(子供の時に服用した場合、その後生える永久歯が変色する(グレーや茶褐色))[※ホワイトニングでも効果は薄い]

6.加齢
・加齢によりエナメル質が摩耗し薄くなることや、象牙質の肥大により内側の象牙質がより透けてみえる

着色予防はお家でも出来る!!

着色(ステイン)はお家でのケアでも、予防や対策が行えます。その方法をご紹介致します。

1.丁寧な歯磨き歯磨きのブログを参考にしてみてください)

1本1本丁寧に優しく磨きましょう。歯の表面がツルツルにな状態で清潔であれば、着色が付きにくくなります。特に、着色の付きやすい飲食物を摂取したあとは、歯磨きをお勧めします。

2.ガムを噛む

ガムを噛むことで唾液が分泌されます。唾液には「自浄作用」と言って、歯をキレイにする作用があります。

3.うがいをする

歯の表面に付着した汚れが、歯に沈着しきってしまう前にしっかりとうがいをし、着色成分を流すことが期待できます。ただし、うがいだけでは不十分ですので、歯磨きを一緒にお勧めします。

4.着色(ステイン)を落とす歯磨き粉[歯の表面に優しいもの]

粗い研磨剤で強く磨くと、歯の表面も傷がつき、より着色が付きやすくなることがあります。ですので、「汚れの吸着」など歯の表面に優しい工夫がされている歯磨き粉の方がオススメです。(歯磨き粉のブログを参考にしてみてください

強固になった着色の落とし方

歯磨きでは落としきれないくらい、強固になってしまった着色に対しては、やはり歯科へ行かざるを得ないですね。

歯科でのクリーニング

歯の表面に付いた強固な汚れや着色を超音波・エアフロー・PMTCといった専用の機械を使用し、除去します。(歯科によっては着色除去は自費で行われているところもあります。)
※汚れを取るだけでなく、しっかりと磨き上げ(トリートメント)まで行わないと、表面は凸凹のままとなるため、再度着色が付きやすくなります。また、舌側(内側)の着色までキレイに取ってくれないところもあります。見えない所まで丁寧に、徹底してクリーニングしてくれる歯科を選ぶと良いですね。

ホワイトニング

歯の内面を明るくするために行います。(加齢や歯に染み付いた着色にお勧めですが、歯科で扱う薬剤は各々違うため、効果や回数、費用などはしっかり確認する必要があります。また、被せものや詰め物などの人工物はホワイトニングでは白くなりません)

まとめ

着色しやすい物を摂取しなければ、着色は付きにくくはなります。けれど、そうした制限をかけることでストレスもかかってしまいますよね。ですので、着色しやすい物を摂取するのであれば、積極的に予防を行いましょう。また、歯の表面のトリートメントを行うことで、ツルツルした歯面になります。そうした歯面は、着色が付きにくくなるのはもちろんですが、汚れも付きにくくなります。最近では、歯を白くする歯磨き粉やペーストなどいろんな商品が販売しています。けれど、使用法や選択を間違えると、かえって着色しやすくなったりもしますので注意が必要です。

歯みがきサロンRe:releaseでは、歯みがきの仕上げの際、歯のトリートメントを行っております。歯磨き後には、ツルツルした舌触りになるため、着色の予防を行うと同時に、すごく気持ちの良いスッキリとした感覚が体験できます。また、多少のくすみ、着色であれば薄くなりますので、ぜひ一度お試しくださいね。

ご予約はこちら

兵庫のデンタルエステ「歯みがきサロン Re:lease」

店舗名 歯みがきサロン Re:lease
電話番号 050-5372-8395
営業時間 AM9:00~PM19:00
お問い合わせ こちらのページからご案内いたします。
URL https://salon-release.com/