いびきの6つの予防法

「いびき」が気になる人も多いのではないでしょうか。誰かに「いびきしている」と指摘されると、その後「いびきをしていないかな」や、「迷惑かけてないかな」なども気になってしまいますよね。今回はそんな気になる「いびき」についてのお話です。

いびきのメカニズム

いびきは、空気が出入りするときに息の通り道が狭くなり、周りの組織が振動を起こし音となります。

いびきの原因(気道が狭くなる原因)

1.舌の垂れ下がり

舌はほぼ筋肉で出来ています。重さは約200グラムで、筋力が低下すると垂れ下がってきます。舌が垂れ下がると気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。

2.口呼吸

鼻呼吸より口呼吸のほうが気道が狭くなりやすく、いびきをかきやすくなります。

3.肥満

肥満の方で、特に首周りにも脂肪がある方は上気道を狭めやすくなり、いびきをかきやすくなります。

4.顎が小さい

顎が小さい方は顎の中に舌が収まらないため、いびきをかきやすくなります。

5.仰向けの就寝

横向きの就寝に比べ、仰向きの就寝の方が舌が喉の奥に落ちる状態になりやすく気道が狭くなります。そのため、いびきをかきやすくなります。

6つのいびき予防法

1.ダイエット

気道を確保するために、脂肪を減らすことで空気の通り道が出来ます。

2.横向きで寝る

横向きで寝ることで、気道を確保することができます。

3.鼻呼吸をする

口呼吸が原因で起こるいびきの改善が見込めます。ただし、睡眠中の呼吸は無意識になるので、「口テープ」などを利用すると、半ば強制的に口を閉じることができます。(呼吸のブログ参照

4.枕を変える

少し低めの枕や、低反発枕にすることで、睡眠中の姿勢が保たれます。顎が上がらず、頭が下がりきらない姿勢がキープ出来ます。

5.マスクをつけて寝る

マスクを着けると、マスク内に湿気が多くなり鼻通りが良くなります。

6.舌のトレーニングを行う

1.唇を閉じた状態にします
2.舌を歯ぐきに沿って大きくゆっくり回すように動かす。

1日10回3セットを行うとをお勧めします。

まとめ

いびきでお悩みの方は是非試してみてくださいね。

当店でも、いびきが気になる方に舌のトレーニングなどを指導することができます。いつでもご相談くださいね。

兵庫のデンタルエステ「歯みがきサロン Re:lease」

店舗名 歯みがきサロン Re:lease
電話番号 050-5372-8395
営業時間 AM9:00~PM19:00
お問い合わせ こちらのページからご案内いたします。
URL https://salon-release.com/