食後すぐの歯磨き・歯磨きの時間の疑問

最近テレビなどで、「食後すぐの歯みがきはダメ!」と聞くことも多くなってきました。また、多くの方が「何分くらい磨けば良いの?」と歯磨きの疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。今回は、歯みがきのタイミングや時間についての疑問にお答えしていこうと思います。

食後すぐの歯磨きはダメではない!?

「食後すぐの歯磨き」には、賛否あります。どちらの見解もメリットやデメリットがありますので、ご自身で選ばれると良いと思います。ちなみに、私は「食後すぐの歯磨きはOK派」です。

食後すぐの歯磨きがダメな理由とは?

食後すぐの歯磨きがダメだと言われる理由は、食後すぐの口腔内の環境は酸性に傾いているためです。酸性に傾くことで、歯が弱くなる時間となり、エナメル質が削れやすくなります。「唾液の力で中和されてから磨いたほうが良い」=「食後30分後に磨いたほうが良い」というわけです。

食後すぐの歯磨きでも大丈夫

「食後すぐの歯磨きがダメ」と言われる背景には、歯のエナメル層が侵蝕された人(酸蝕症)の実験結果が発端ということが、日本小児歯科学会から発表されてます。 普段の食事ではそれほどエナメル質のダメージを心配する必要はなく、歯磨きを忘れてしまうのを防ぐ意味でも食後すぐの歯磨きでも良いかもしれません。 また、歯磨きで酸を生成するプラーク(歯垢)や汚れを取り除くほうが、歯を守る効果は高いのかもしれませんね。

※ですので、酸蝕歯の方や歯の質が弱い方は食後30分~1時間ほど開けてから磨くことをお勧めしています。

歯磨きの時間は??

時間は重要ではない!!

歯を磨く時間が長くても「磨けていなければ意味がない」のです。つまり「磨いている」と「磨けている」の違いですね。きちんと歯を磨ければ時間は短くても問題ありませんよ。

正しい歯ブラシのブログ

ただし、磨きすぎは問題です。
歯を磨きすぎてしまうと、歯に傷をつけてしまうなどの問題が生じます。

歯磨きのタイミング

飲食後の歯磨きは大事!!

約24時間以内に食べカスなどは歯垢(プラーク)となり、歯に付着します。歯垢が付着し時間が経過すると、歯ブラシでは簡単に落とせなくなるので、飲食後すぐに歯磨きを行う方が、汚れが取れやすいというわけです。

就寝前の歯磨きはとても大事!!

寝ている間は、唾液の分泌が少なくなり、口腔内は乾燥しやすく細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。ですので就寝前の歯磨きはとても大事というわけです。

まとめ

「たかが歯磨き」「されど歯磨き」ですね。
おそらくこのブログを読まれている方は、とても予防の意識が高い方だと思われます。

当店でも、皆様の健康のサポートができればと思っております。いつまでも美味しくお食事を摂りたい方にとてもお勧めです。

ご予約はこちら メニューはこちら

兵庫のデンタルエステ「歯みがきサロン Re:lease」

店舗名 歯みがきサロン Re:lease
電話番号 050-5372-8395
営業時間 AM9:00~PM19:00
お問い合わせ こちらのページからご案内いたします。
URL https://salon-release.com/