仮歯って何??仮歯のすべてをお伝えします!

治療の途中に仮歯にすることってありますよね。仮歯を入れる目的には、様々な理由があります。あまりご存知でない方も多いのではないでしょうか?

仮歯とは??

仮歯とは治療の途中で仮に入れる被せ物のことです。仮歯の材質は「即時重合型レジン」という樹脂を使用している歯科が多いです。

仮歯はなぜ必要なの??

1.仮歯は神経に刺激を与えないようにするため
神経のある歯をそのままにしていると、しみる症状が出てしまうため、仮歯で刺激を与えないように保護します。

2.仮歯は隣在歯の歯が移動しないようにするため
歯の移動を仮歯を入れることで防ぐことができます。

3.仮歯は食事をしやすくするため
仮歯を入れることで、治療する前とほぼ同じように食事をすることを可能にします。

4.仮歯は見た目(審美性)を保つため
見た目的な問題を仮歯で改善することが出来ます。

5.仮歯は歯ぐきの形を維持
歯ぐきを仮歯で圧迫し、歯ぐきの盛り上がりを防ぐ役割があります。

仮歯を入れたら気をつけること

1.仮歯で硬いものを噛まない
仮歯はプラスチックですので、硬いものを噛むこと壊れてしまうことがあります。

2.仮歯で粘着性のある物は避ける
仮歯は仮のセメントで接着しているので、とても外れやすくガムやキャラメルなどの粘着性のあるものは、仮歯が外れてしまう原因です。

3.仮歯を意識しすぎない
仮歯を意識しすぎると、仮歯で噛まないようにするなどで片方噛みになったり、変な噛み癖がつきます。変な噛み癖がつくと、顎の調子が悪くなったり、噛み合わせが悪くなることがあります。

4.仮歯も歯みがきは丁寧に行う
仮歯は優しく丁寧に磨きましょう。特に仮歯と歯ぐきの境目の汚れはしっかり落としましょう。

仮歯を入れてからのトラブル

1.仮歯が壊れる
仮歯が欠けたり壊れた場合は、仮歯を持って通院中の歯科へ行きましょう。すぐに治すことができます。

2.仮歯を入れてから痛みがある
特に、仮歯を使って噛んだ時に痛みがある場合には、仮歯の高さが高い可能性が考えられるため、放置せずに、通院中の歯科で高さ調整をしてもらいましょう。

3.仮歯のザラつきが気になる
仮歯はプラスチックで出来ているため、多少ザラつきはあります。けれど、過度なザラつきは汚れが付きやすくなる原因にもなるので、通院中の歯科で仮歯の研磨をしてもらいましょう。

4.歯ぐきが腫れる・痛む
仮歯を入れた後、セメントが残っていることで歯ぐきが腫れたり痛むことが稀にあります。症状が気になる場合は、通院中の歯科へ受診してくださいね。

「仮歯のままで良い」はNG!!

「仮歯でも何の問題もないから、このままで良いか」というような考えはNGです。仮歯はあくまで仮の物で、長期間使えるようには出来ていません。

1.仮歯がすり減る
2.汚れが付着しやすく再度虫歯になる可能性もある
3.放置期間が長くなると、本来必要のなかった治療が追加で必要になってしまう。

まとめ

金属やセラミックなどの最終的な被せものを入れるまでに、歯ぐきが腫れていないことが条件とされています。そういった条件を満たすために、仮歯に置き換え、歯ぐきの炎症が治癒するのを待つことが出来ます。ただし、仮歯の形状が悪いと清掃状態が悪くなるだけでなく、歯ぐきの炎症がかえってひどくなってしまうことがあります。

最終的な被せものが入るまでは、治療を中断することなく通ってくださいね。治療の中断は、歯の寿命が短くなってしまう可能性が高くなることや、治療の費用や期間がかかってしまいます。

ご予約はこちら メニューはこちら

兵庫のデンタルエステ「歯みがきサロン Re:lease」

店舗名 歯みがきサロン Re:lease
電話番号 050-5372-8395
営業時間 AM9:00~PM19:00
お問い合わせ こちらのページからご案内いたします。
URL https://salon-release.com/