妊娠中は気をつけて。妊娠中のお口のトラブル!

妊娠中はお口のトラブルが起こりやすい

1.妊娠中つわりで歯をきちんと磨けない

妊娠中つわりによって胃酸逆流を起こしたり、酸っぱい物を好んで口にすることが多くなるなど、お口の中は酸性(虫歯が出来やすい環境)に傾きやすくなります。また、歯ブラシをお口の中に入れると、気持ち悪くなりきちんと磨けない状況になることで、お口のトラブルを起こしやすくなります。

妊娠中

2.妊娠中のホルモンバランスの変化

妊娠することで女性ホルモンが急激に増加し、歯周病の菌(プレボテラ・インターメディア)が増殖しやすくなります。また、妊娠のホルモンバランスの変動により、唾液が粘っこくなります。唾液が粘っこくなると、口腔内の自浄作用の低下にも繋がります。

妊娠中の歯ぐき

3.妊娠中の飲食回数

妊娠中はつわりなどから、一度に食べられる量が減ったり、増えたりすることで、飲食回数が多くなりがちです。お口の中に食べ物などが入ることで、酸性に傾きます。飲食回数が増えると、お口の中が酸性に傾く時間が長くなってしまうため、お口のトラブルを起こしやすくなります。

妊娠中

妊娠中のお口のトラブルには危険がいっぱい

1.歯周病で早産・低体重児出産の危険

妊娠中に歯周病に罹患し、さらに歯周病菌が体内に入り込んでしまうことで、早産(妊娠37週未満での出産)・低体重児出産(2500㌘未満)のリスクが高まります。

妊娠中の歯周病

2.今後の歯の寿命に影響してしまう危険

妊娠中にトラブルを放置してしまうと、出産後は赤ちゃんのお世話などが始まり、歯科への通院が難しくなります。よく「子供に栄養を取られたから、歯が悪くなった」と聞きますが、これは違いますよ。ご自身のことが後回しになることが多くなり、歯みがきの時間などが減ってしまうことなどで、トラブルを悪化させてしまった結果です。出産を期に、ご自身の歯の寿命を縮めてしまっている方も少なくありません。

妊娠中の歯

3.赤ちゃんに菌をうつしてしまう危険

生まれたての赤ちゃんのお口の中は、虫歯や歯周病の菌などはいません。生後1歳6ヶ月~2歳6ヶ月頃に感染すると言われています。お母さんや、ご家族の方の食器の共有などで、菌がうつってしまう危険が高くなります。赤ちゃんが生まれてくる前に、一緒に生活する人も含めて、口腔内の環境を整えることで、感染のリスクは抑えることができます。

妊娠後

妊娠中のお口のトラブル回避

妊娠中のトラブル回避のタイミング

妊娠初期(妊娠1ヶ月~4ヶ月)は、切迫流産などの危険があるので、緊急でない場合は安定期(妊娠5ヶ月)を過ぎた頃からの受診をお勧めします。また、妊娠後期(妊娠8ヶ月)は、陣痛などがおこる可能性もありますので、早めの受診がお勧めです。

妊娠中のトラブル

妊娠中のトラブル回避の歯みがき

妊娠中つわりの酷いときは、無理に歯磨きをせず、うがいだけでも構いません。調子の良い時に歯磨きをしてください。また、大きなブラシではなく小さな歯ブラシを使用することで、歯磨きが苦しくなく出来ることも多いのでお勧めです。

妊娠中の歯

まとめ

妊娠中は、身体の変化やホルモンの変化は避けて通れません。そして、いろいろと不安になることも多いのではないでしょうか。妊娠中のお口のトラブルは事前に検診やお口の中の環境を整えることで、防ぐことができます。不安要素を一つでも取り除き、安心して出産していただければと思います。

当店でも、よりリラックスして施術を受けていただけるよう心掛けております。生まれてくるお子さんのお口のケアもしっかりアドバイス致します。

ご予約はこちら メニューはこちら

兵庫のデンタルエステ「歯みがきサロン Re:lease」

店舗名 歯みがきサロン Re:lease
電話番号 050-5372-8395
営業時間 AM9:00~PM19:00
お問い合わせ こちらのページからご案内いたします。
URL https://salon-release.com/